農泊で地域潤わす 講習会で住民学ぶ みなかみ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 農山村の景色や農業体験を楽しむ「グリーンツーリズム」の指導者育成講習会が15日、群馬県みなかみ町の飲食店で開かれた=写真。町内外の民泊経営者ら25人が参加し、農泊の活用方法を考えた。

 わくわく体験群馬サポートセンターの中村文彦理事長が講師を務め、少子高齢化の現状や新しい産業の創造について解説した。「観光は宿泊や食事など他業種連携事業。地域が潤う可能性がある」と新事業開拓を訴えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事