「めぶく。」例に地域人材考える 前橋で大学行政管理学会研究会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パネルディスカッションをする登壇者

 大学行政管理学会は16日、前橋市の共愛学園前橋国際大で北関東・信越地区研究会を開き、「地域社会と大学がともに育む地域人材」をテーマに事例紹介やパネルディスカッションを行った。

 同市未来の芽創造課長の谷内田修さんが、地域人材の育成や定着に向け、産学官が連携して立ち上げた「めぶく。」の新たな取り組みを紹介。文星芸術大(宇都宮市)地域連携センター長の長島重夫さんも同市の同種事例を紹介した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事