薬局に刃物男 現金を奪って逃走 藤岡署が強盗事件で捜査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
被害のあった薬局を調べる捜査員=23日午後5時10分ごろ、藤岡市下栗須

 23日午後0時55分ごろ、藤岡市下栗須の「大善堂シモダ薬局」に男が押し入り、女性従業員(68)にカッターナイフのような刃物を突き付け「金を出せ」と脅迫、レジにあった現金5万~6万円を奪って逃走した。従業員にけがはなかった。群馬県警藤岡署が強盗事件として捜査している。

 同署によると、男は商品を手にしてレジに近づき、従業員が会計を始めたところ、レジのあるカウンター内に侵入した。当時、店内に客や他の従業員はいなかった。女性従業員が110番通報した。

 男は25~35歳くらいの細身で、身長約160センチ。灰色のパーカを着てフードを頭にかぶり、白いマスク姿。灰色のスエットのズボンをはいていた。

 現場は県道藤岡大胡線沿い。住宅が密集し、近くには中学校や高校もある。近くに住む30代の女性は「この辺りで強盗なんて初めて。物騒で怖い。早く捕まってほしい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事