つるし雛 春を演出 みなかみ・たくみの里
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 ひな人形やつるしびなを飾る「たくみの里つるし雛・ひなめぐり」が31日まで、みなかみ町須川の「たくみの里」体験施設や飲食店など30カ所以上で開かれている。北毛の遅い春を華やかに演出している。

 メイン会場の体験施設「香りの家」はつるし雛約50組やハート形の段飾りを立体的に配し、訪れる人を楽しませている=写真・AR。17日は総合案内所のある「豊楽館」でひな祭り絵手紙作り無料体験を行い、24日は8基の段飾りが並ぶ泰寧寺で利根商高茶道部による「雛の茶会」を開く。

【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。この機会にお楽しみください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事