鮮やか光のアート みなかみ・藤原雪まつり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 雪と光を楽しむ「藤原雪まつり」が9日、群馬県みなかみ町の藤原スキー場で始まった。幾何学模様や抽象模様を投影する空間照明アート「デジタル掛け軸」も行われ、来場者を楽しませている=写真・AR。10日まで。

 全国で同様のイベントを行う長谷川章さんが手掛けた。敷地内のホテルの外壁をキャンバスに、色とりどりの模様を浮かばせた。来場者は、次々に切り替わる映像に見入っていた。花火の打ち上げもあったほか、今年はスカイランタンの体験も取り入れた。10日は午後6時から行う。

【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。この機会にお楽しみください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事