缶回収の収益で車椅子2台寄贈 東中生が特養へ 藤岡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 学校や地域で回収したアルミ缶を地元の福祉に役立ててもらおうと、群馬県藤岡市立東中学校の生徒4人が、藤岡市の特別養護老人ホーム「音和の園」(青柳孝之理事長)を訪れ、アルミ缶回収の収益で購入した車椅子2台を寄贈した。

 2年の桜井柚希さんが「地域の大先輩に役立ててもらいたい」とあいさつし、施設利用者に目録を手渡した=写真。車椅子を使った利用者は「とてもいい感じ。中学生に負けずに頑張りたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事