群大附属小の中村兄弟デュオ 全国アマチュア室内楽フェスで聴衆賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
全国アマチュア室内楽フェスティバルで聴衆賞を獲得した玲偉君(左)と尊智君

 群馬大附属小(前橋市)6年の中村玲偉れい君(12)と同4年の尊智みこと君(10)の兄弟が、2月に都内で開かれた「全国アマチュア室内楽フェスティバル(ACF)」にバイオリンデュオ「スーパーMLブラザーズ」として出場し、会場の投票によって決まる聴衆賞を獲得した。2人は「デュオの楽しさをあらためて感じることができた」と受賞を喜ぶ。来年のACFには特別ゲストとして出演する予定だ。

 ACFはアマチュア音楽家に最高の舞台を提供しようと、音楽の聖地とも称される「サントリーホール」を会場に約30年前から開催している。2人以上のアマチュアの器楽アンサンブルであれば、年齢や人数の制限はない。音源審査などを経て出場した11組の中で、2人は最年少だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事