伊勢崎の木暮さんの絵入賞 SOMPOパラリンアートカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
表彰状を贈られた木暮さん(左)と受賞作を持つ松尾支店長

◎スポーツ楽しむ人描く

 障害者の芸術作品コンテスト「SOMPOパラリンアートカップ2018」で、群馬県伊勢崎市鹿島町の木暮園実さん(41)の絵画が、各都道府県から1作品が選ばれる損保ジャパン日本興亜賞に選ばれた。前橋市の損保ジャパン日本興亜群馬支店で、松尾隆志支店長から木暮さんに表彰状が贈られた。

 木暮さんは、子どもの頃から絵が好きでスポーツ観戦が趣味という。受賞作題名は「つながる、キラめくパワー」で、車いすテニスやサッカー、ボルダリングなど9種類のスポーツを楽しむ人を描いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事