防災マップ6年ぶり刷新 太田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県太田市は、土砂災害や洪水による浸水が想定される区域を色分けした防災マップ=写真=を6年ぶりに刷新した。従来は折り畳み式地図だったが、B4判40ページの冊子に変更。市内を12分割し、縮尺を3万分の1から1万2000分の1に拡大した。10万部製作し、18日から市内全戸に順次配る。

 2017年施行の改正水防法で変わった洪水浸水想定区域を反映。以前よりも注意を要する区域が拡大した。地震や風水害のときに取る行動や避難の目安、避難所一覧、非常時持ち出し品のチェック表も紹介する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事