子どもの食物アレルギー 6年連続増1万2275人 県教委まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県内の公立幼稚園や小中高校、特別支援学校の児童生徒らのうち、本年度に食物アレルギーがあると申告したのは1万2275人(6.2%)に上ったことが18日までに、県教委のまとめで分かった。2012年度の調査開始以来、人数、割合とも6年連続の増加となった。アレルギーに対する保護者の意識の高まりが背景にあるとみられる。

 申告したのは、小学校が6040人(6.1%)、中学校が3431人(6.6%)、高校が2433人(6.2%)、幼稚園が247人(6.3%)など。このうち、症状などを記載する「管理指導表」を学校に提出しているのは計5173人(42.1%)。学校種別では小学校3262人(54.0%)、中学校1299人(37.9%)だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事