臨床研究の審査委 群大が県内初設置 未承認薬、新機器を検証
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 未承認薬や新たな医療機器の有効性を明らかにする臨床研究で、群馬大は23日までに、実施の可否を判断する審査委員会を設けた。昨年4月に施行された臨床研究法に基づく組織で、設置が認められたのは県内初。学内外から研究の申請を受け付ける。同大は「群馬発の研究を進める環境が充実した。県民の治療の選択肢を広げられる」としている。

 審査対象となるのは、製薬会社から資金提供を受けるなど研究内容に透明性が求められる「特定臨床研究」。患者会代表や弁護士、同大の医師らで構成する委員が、安全性や有効性を検討する。開始後も定期的に報告を受け、医薬品を投与する「治験」を認める役割も持たせた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事