「光」の芸術楽しむ お年寄りと学生交流
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 県立女子大の卒業生を講師に招いたワークショップが23日、玉村町の介護老人保健施設たまむらで開かれた。施設利用者15人と学生が光をテーマにした作品に取り組んだ=写真

 お年寄りに芸術に触れてもらおうと、角田病院(角田祥之院長)が企画。同大卒の美術作家、近藤愛子さん(33)=高崎市=が講師を務め、ピンクや黄色に光るサイリウム、色紙で星や桜をイメージした作品を作った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事