発達障害の子へ入学・入園に手作りバッグ 桐生一高生ら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 桐生一高ファッションコースの生徒と卒業生8人は、発達障害の子どもを持つ母親を支援するNPO法人「iitoko」(高崎市吉井町、浅香千恵代表)を訪れ、入学や入園に必要な手作りの手提げバッグや上履き入れを贈った。

 新入学児・入園児の家族7組から、かばんの大きさや形のほか、「布はどの向きがいいですか」などと要望を聞きながら、ミシンで縫い合わせた=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事