館林・茂林寺のシダレザクラ かやぶき屋根 春色包む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 童話「分福茶釜」で知られる群馬県館林市の茂林寺の境内にあるシダレザクラが見頃を迎えた。淡いピンクのかれんな花を一目見ようと、県内外の参拝客でにぎわっている=写真

 1951年に植えられた、高さ約7メートルの大木。かやぶきの本堂の近くにあり、美しさを引き立て合っている。今年は例年より一週間ほど開花が早いという。30日には「狸桜まつり」が開かれる。問い合わせは同寺(0276・72・1514)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事