ふれあい橋にカフェ 館林 にぎわい創出に社会実験
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県館林市の春の風物詩「館林さくらとこいのぼりの里まつり」を盛り上げようと、主会場の鶴生田川にかかる「ふれあい橋」に31日、一日限りの橋上カフェがオープンした。両岸のサクラ並木とこいのぼりが見下ろせる人気のスポット。一層のにぎわいを創出し、新たな公共空間の利活用法を模索するため、市と市観光協会が社会実験として初めて実施した。

 ふれあい橋は、つつじが岡公園の一角にある歩行者専用の橋。市内の飲食店2店舗と、若手就農者が集まる農業青年会議が市の呼び掛けに応じ、テントやテーブルなどを持ち込んで軽食や飲み物、野菜などを販売した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事