現金3000万詐取被害 玉村の84歳女性 伊勢崎署が捜査開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 31日、玉村町の女性(84)が群馬県警伊勢崎署に「現金3000万円をだまし取られた」と110番通報した。同署は、長男や勤務先関係者を装った男らによる特殊詐欺事件とみて捜査している。被害額3000万円は、近年では2016年6月以来の高額被害という。同署は、自宅にある現金の額などを探るために事前に電話する「アポイント電話(アポ電)」は確認されていないとしている。

 県警捜査2課によると、16年6月22日、館林市内の女性=当時(54)=が3120万円をだまし取られた事件以来の高額被害という。同課などは「少しでも不審に思ったらすぐに家族や警察に相談してほしい」と、あらためて注意を呼び掛けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事