障害者の雇用を後押し 伊勢崎に就労支援の場 クリーニング中心
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
布団用の洗濯機などが新たに導入された施設内

 民間が運営する障害者の就労支援作業所「ブルーオーシャン」が今月、伊勢崎市の群馬県立障害者リハビリテーションセンター旧作業棟で開所する。県の旧作業棟などの再活用事業の一環。障害者の積極的な雇用が進むクリーニング業務が中心で、大型洗濯機などを活用して効率的な作業や手順を指導する。リネンサプライ業者と提携することで安定的な受注を見込むほか、継続した就労訓練で就職を後押しする。

 特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人「宝寿会」(館林市)が運営に当たる。同法人は「高齢者だけでなく、今後は障害者の福祉にも力を入れたい」としている。開所するのは、県の補助が受けられる「就労継続支援B型」の指定を受けた作業所。旧作業棟とボイラー設備などがある隣接のサービス棟を県から借り受けた。建物の耐震補強工事や内部の改修を実施し、既存の施設を可能な限り有効活用する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事