病気で悩む人の力に 親子でヘアドネーション 伊勢崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
髪が長かった頃の写真を見せるひまりさん(左)とゆかりさん

 「病気で悩む人の力になりたい」
 群馬県玉村町上福島の戸神ゆかりさん(40)と長女のひまりさん(玉村上陽小6年)親子が、髪を伸ばして寄付する「ヘアドネーション」に取り組んだ。ひまりさんは「気軽に始めたけれど、良い経験になった」と話している。

 ヘアドネーションを経験した親族の話を聞いたひまりさんが「挑戦してみたい」と思ったのがきっかけ。ゆかりさんは「社会に興味を持ってもらう良い機会だと思った」と一緒に髪を伸ばすことを決めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事