上室田の水車復活 老朽化で市が修繕 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
修繕され、復活した高崎市上室田町の水車

 故障で使えなくなった群馬県高崎市上室田町の水車が市事業で修繕され、地域住民による落成記念式典が13日、水車のある同所の集会所で開かれ、歴史的なシンボルの復活を祝った。

 榛名山中腹の同所でかつて活用された水車に親しもうと、30年前に「ふるさと創生事業」の一環として建設されたが、近年は老朽化で動かなくなっていた。地元の要望を受けて、市が修繕を始め、松材だった直径2.1メートルの水車をステンレス製にしたり、7.4平方メートルの小屋に鋼材の屋根を付けて強固にした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事