春の現代美術展 見る人の顔写る アクリル板彫刻 笹口さん個展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 現代美術作家、笹口数さんの新作インスタレーションを紹介する個展が20日、渋川市渋川のAISギャラリーで始まった。アクリル板に表現したポートレートを宇宙をイメージした空間に展示し、来場者を引きつけている=写真。27日まで。

 星座の異なる12人に使っている化粧品を聞き取り、その商品名を顔に見立てたアクリル板に彫刻。目や口など使う位置に彫ることで、見る人に表情を想像させる。12枚1組のポートレート作品と向かい合う壁面には黄道を描き、ポートレートの背面に置いた鏡に黄道と見る人の顔が写るよう配置した。笹口さんは「来場者も作品に入り込める。広がる世界を感じてほしい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事