観音山ファミリーパーク 草花107種のガイドブック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県立観音山ファミリーパーク(高崎市寺尾町、斎藤忠男園長)などは、園内の草花を掲載したガイドブック「自然の森の草花」を発行した=写真。NPO法人ぐんま緑のインタープリター協会(関端孝雄理事長)が全面協力して、107種の草花を写真入りで紹介している。

 2017年に制作した「自然の森の樹木」に続く第2弾。協会員が約3年かけて遊歩道の草花を調査、撮影した。園内で見られる草花が季節ごとに配列され、巻末は1カ月ごとの植生調査票も載せている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事