さよなら平成 ようこそ令和 改元まで1週間 祝賀ムード広がる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「はい、令和!」。「フォトスタジオ パルク」で記念撮影する家族(アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます)
冠稲荷神社は「平成最後の奉拝」と記した御朱印を用意

 5月1日の改元まで1週間と迫り、新元号「令和」や「平成最後」に絡めた商品やサービスが群馬県内でも続々登場している。「思い出づくり」「記念日」をキーワードに、祝賀ムードを盛り上げようと事業者は知恵を絞る。自治体では1日に婚姻届を提出する「改元婚」の集中をにらみ、当日限定のサービスなども準備している。

 冠稲荷神社(太田市)は「平成最後の奉拝」と記した特別な図柄の御朱印(500円)を追加している。赤色を基調にキツネの絵をあしらう。1日からは緑色を基調にした「令和最初の奉拝」と記す御朱印(同)に切り替える。担当者は「改元に合わせ参詣が増えるだろう」と予想する。

 写真館「フォトスタジオ パルク」(高崎市)は、家族の記念写真(3000円)を企画。半紙に毛筆で書いた「令和」の文字を手にして撮影に臨む。家族で撮影した中塚勇介さん(37)は「筆を持つのも久しぶり。改元の節目に、家族で写真が撮れるのはありがたい」と話した。

 懸垂幕や歴代元号を紹介するパネル展で盛り上げる高崎高島屋(高崎市)。令和の文字入りの菓子などを数多く用意し、「平成」「令和」を刻んだ純金小判の2枚セット(予約制129万6000円)も販売する。1日の開店時は、来店客に「令和」の焼き印を入れたどら焼き501個を贈る。

 酒類販売のリカーパークシーザー(邑楽町)は、新元号をボトルに直接印刷した日本酒(720ミリリットル1800円)とシャンパン(同4000円)を販売する。「特別な酒で改元を祝ってほしい」と呼び掛ける。

 だるま工房・きちんと(太田市)は金色の文字で新元号を描いた特製だるまが好評。北関東道の太田強戸パーキングエリアに出荷した初回分は既に売り切れた。「連休中は引き合いがさらに強まるだろう」と想定し増産する方針だ。

 和菓子店の新妻屋(前橋市)は27日から令和の焼き印を入れたまんじゅう(200円)を販売。「お祝いムードに協力したい」とする。創業123年の吉田七味店(富岡市)は28日に令和と記した缶入りの唐辛子(25グラム入り864円)を数量限定で発売予定。「受け継いだ味を次の時代にも伝えたい」としている。

 「令和」「REIWA」「平成」「HEISEI」といった元号について、特許庁は「商品識別能力がない」としており、商標登録を受け付けていない。担当者は「国内で事業展開する限り、他者の権利侵害には当たらない」と指摘。改元を商機と捉える事業者の動きは、ますます活性化しそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事