八ツ場クイズに歓声 道の駅「ふるさと館」6周年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 道の駅「八ツ場ふるさと館」の6周年を記念した創業祭が28日、長野原町の同道の駅で開かれた。本年度末の八ツ場ダム完成を控え多くの観光客が訪れ、クイズ大会や抽選会など多彩な催しを楽しんだ=写真。29日まで。

 お笑い芸人の「ニダンギア」が司会を務めたクイズ大会は、「八ツ場ダムの高さは」など地元にちなんだ問題を出題。正解者はじゃんけんを経て、ダムカードや地場産品などの景品を手にしていた。

 特設ブースでは、八ツ場ダムのゼリー、ホルモン焼き、イチゴなども販売。篠原茂社長は「ダム完成までもう少し。今しか見られない八ツ場の景色を見に、足を運んでもらいたい」と話している。

 道の駅では3~5日にも、もちつきやステージ発表などのイベントを予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事