麦茶でおもてなし 伊香保温泉「お香女会」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 渋川市の伊香保温泉を訪れた人たちをもてなそうと、伊香保温泉旅館協同組合婦人部「お香女(かめ)会」による無料の麦茶の振る舞いが28日、伊香保石段街ポケットパークで始まった。そろいのかっぽう着姿の木村恵美子部長と岸由起子さんが出迎え、観光客に笑顔で手渡した=写真

 石段の途中で休みながら女将(おかみ)との触れ合いを楽しんでもらおうと始め、今年で21年目。木村部長は「麦茶を飲みながら温泉情緒を楽しんでほしい」と話した。

 11月上旬までの毎週日曜午前10時45分~午後0時15分。所属する女将が交代で担当する。大型連休中は30日と2、4日も実施する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事