黄と紫一面染める ミツバツツジとスイセン見頃 東吾妻
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 スイセンとミツバツツジが、群馬県東吾妻町本宿の「甘酒原高原 遊花里自然園」で見頃を迎え、一面の黄色と紫の花の競演が来園者を楽しませている=写真

 敷地約5ヘクタールにスイセンやツツジ、シャクナゲが植えられ、華やかな空間が広がる。15年ほど前から園を整備する甘酒原花と緑の会の高橋秀夫会長によると、花の競演は大型連休中は楽しめそう。その後、ヤマツツジやシャクナゲが見頃を迎えるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事