サクランボ授粉 気分はミツバチ 沼田で園児体験
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 沼田さくらんぼ組合(山田拓組合長)は7日、群馬県沼田市の山田さくらんぼ園に利南東幼稚園の園児を招き、「みつばちブンブン大作戦」と題した授粉体験会を開いた。園児9人がミツバチになりきり、先端に鳥の羽の付いた毛ばたきを手に、木から木へと駆け回った=写真・AR

 田村りこちゃん(5)は「高いところをはたくのが楽しい。実ができるのが楽しみ」と笑顔だった。サクランボは6月中旬に収穫できる見込み。地元特産のサクランボに親しんでもらおうと、組合が3年前から実施している。

【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。この機会にお楽しみください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事