石段彩る手拭い 渋川・伊香保でチャンピオン決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 過去7年間に県立女子大の学生が群馬県の伊香保温泉を題材にデザインした手拭い21点の中から、投票で最優秀作品を決める「伊香保てぬぐいアートグランドチャンピオン2019」が19日まで、渋川市の同温泉で開かれている。石段街に作品をプリントしたのぼりが掲げられ、色鮮やかな図柄や、黒や茶を基調にしたシックなデザインが観光客を楽しませている=写真

 伊香保から芸術文化を発信するとともに、アートで活性化を図ろうと、伊香保アートプロジェクト実行委員会(塚越左知子代表)が2012年から「伊香保てぬぐいアート展」を開催。学生のデザインを石段街に展示し、投票によって上位3点を商品化している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事