負傷者 男女5人に 群大の実験中爆発事故
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7日午後5時55分ごろに群馬県桐生市天神町の群馬大桐生キャンパスの実験室で起きた実験中の爆発事故で、近くにいた、いずれも4年で21歳の男子大学生2人と女子大学生の3人が耳の痛みなどを訴え、太田市内の病院に搬送されていたことが8日、桐生署の調べで新たに分かった。いずれも軽傷という。

 実験に直接携わり、事故直後に病院に搬送された女子大学生(22)と女子大学院生(22)の2人の症状は、ともに顔などへの軽いやけどだったことも判明。負傷者は計5人となった。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事