給食に「とおあし汁」 安政遠足盛り上げよう 安中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 仮装姿のランナーが出場する12日の「安政遠足侍マラソン」を前に、群馬県安中市は10日まで、安政遠足にちなんだ給食メニューを市内の小中学校で提供している。

 メニューは「とおあし汁」と市名物の「力もち」。「とおあし」は材料のトウナス(カボチャ)、オクラ、油揚げ、シイタケの頭文字を合わせた名前で、みそをベースにごま油で香り付けしている。

 安中小(山中俊美校長)では9日、全校児童約560人が給食の時間に味わった=写真。1年の笹本快生君は「汁は野菜がたっぷりでおいしかった。力もちも初めて食べた」と話した。

 大会を盛り上げようと、若手市職員グループ「安中研究会」が発案し、市学校栄養士会が協力した。とおあし汁は大会前夜祭で振る舞われるほか、市ホームページでレシピを公開している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事