停車時にタイヤ止めなし バス運転手を送検 南牧の12人重軽傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県南牧村大仁田で10日に発生し、乗客12人が重軽傷を負ったバス事故で、バスが停車していた際、車輪が動きだすのを防ぐ「タイヤストッパー」を置いていなかったことが12日、捜査関係者への取材で分かった。

 群馬県警は、こうした措置を取っていれば、事故は回避できた可能性もあるとみる。バスを運転していた茨城県守谷市、レンタカー業の男(66)=業務上過失傷害容疑で逮捕=の事故に至る経緯をさらに調べるとともに、無許可で有料運行する「白バス」をしていた疑いもあるとみて、道路運送法違反(白バス営業)容疑の立件も視野に捜査する。

 県警は同日、男を前橋地検に送検した。男は午前8時半ごろ、上下灰色のスエット姿で富岡署を出て、捜査員らに連れられて車に乗り込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事