モンゴル園児と絵画交換で交流 藤岡・みどり保育園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モンゴルから贈られた絵に興味を持つ園児

 群馬県藤岡市のみどり保育園(藤田基道園長)は、モンゴルの幼稚園と園児同士で絵画を交換し、互いの文化を学ぶ交流をしている。15日は5月上旬に同保育園が贈った作品19点の返事として、モンゴルから絵が届いた。藤田園長は「外国の文化を考えるいい経験」と喜んだ。

 同国の幼稚園との交流は2017年以来2回目。今回は首都ウランバートルから北へ250キロの工業都市、ダルハンの国立幼稚園。日本・モンゴル文化交流ネット日本事務局(藤岡市)の布目聖子さんらが提案し、布目さんの友人を介して交換した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事