漫画キャラが城跡案内 上州真田三名城ウオーキングPRでコラボ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イベントを盛り上げるため、山田さんが書き下ろしたイラスト

 真田氏ゆかりの城跡を巡る「上州真田三名城ウオーキング2019」(18、26両日、上毛新聞社主催)を盛り上げようと、漫画「東京城址じょうし女子高生」(KADOKAWA刊)がPRに協力している。当日に巡る沼田城址(沼田市)や名胡桃城址(みなかみ町)の見どころを漫画で公式ツイッターに掲載し、イベントをアピールしている。

 「東京城址女子高生」は、かつて100以上の城が存在したという東京都内で、その城跡を2人の女子高生が案内する内容。漫画家の山田果苗さんの作品で、漫画誌「ハルタ」で連載している。上毛新聞社が依頼し、コラボが実現した。

 ツイッターで掲載している漫画は山田さんの描き下ろし。沼田城では復元された鐘楼や真田氏が築いた石垣などを紹介。名胡桃城では本郭のほか、空堀や虎口など敵兵に備えるために張り巡らされた防御設備を取り上げ、それぞれ歴史とともに解説している。岩櫃城址(東吾妻町)は17日に掲載する予定。

 KADOKAWAの担当者は「城好きな人は、本屋で漫画コーナーに行かないし、漫画好きで城の本を読む人は少ない。今回のコラボやウオーキングを通じ、漫画好き、城好きがこの漫画を手に取るきっかけになれば」と期待している。

 問い合わせは上毛新聞社営業局「上州真田三名城ウオーキング係」(027-254-9945)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事