避難計画を初策定 草津白根山防災協議会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬、長野県境にある草津白根山の噴火に備え、群馬県や草津町、専門家らでつくる草津白根山防災会議協議会(会長・黒岩信忠草津町長)は16日までに、改正活火山法に基づく避難計画を初めて策定し、公表した。

 計画では突発的に噴火した場合、白根山や本白根山の山頂付近にいる観光客らをシェルターやレストハウスにいったん避難させ、二つの山の間を走る志賀草津道路(国道292号)を通じて安全な場所まで誘導するなどとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事