マスターズ柔道、あすから福井で開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「全国優勝したい」と意気込む選手と桜井監督(右)

 30歳以上の柔道愛好家が競い合う第16回日本マスターズ柔道大会(18、19日、福井県)の団体戦に、群馬県高崎市飯塚町の順道館桜井道場に所属する男性5人が出場する。本番を前に5人は「目標は全国優勝」と、熱のこもった練習に励んでいる。

 大会は全国から男子41チーム、女子6チームが参加し、トーナメント方式で行われる。男子の団体戦は30~70代(今年12月末時点の年齢)の各年代から1人ずつ出場する5人制で、勝者数によって勝敗を決める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事