大輪の花 高原に彩り 嬬恋・浅間高原シャクナゲ園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 白やピンクの鮮やかなシャクナゲが、浅間山麓に広がる群馬県の浅間高原シャクナゲ園(嬬恋村鎌原)で咲き始めた。約30ヘクタールの広大な敷地に植えられた約15万株の大輪の花が観光客を楽しませている=写真

 浅間高原観光協会によると、4割ほどが開花し、色の濃いつぼみと花の共演が楽しめる。今月下旬ごろから早咲きのアズマ、ヤクシマと順に見頃を迎え、6月上旬まで楽しめそう。6月2日までは「しゃくなげ園まつり」が開かれており、苗木販売や無料ガイドを行っている。最終日の2日には植樹祭も行う。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事