救命法とサッカー 育英高部員に学ぶ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 小学生を対象にしたサッカー教室と自動体外式除細動器(AED)の講習会が19日、群馬県高崎市の前橋育英高高崎グラウンドで行われた。児童70人がサッカーの技術とAEDの使い方を学んだ=写真

 教室は、同校サッカー部の山田耕介監督と部員が講師を務めた。低学年と高学年に分かれた児童は、ミニゲームなどで汗を流した。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事