自分らしく 体の一部失った人へ女性起業家が前橋で合同展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初の合同展を開いている(左から)佐藤さん、田村さん、新井さん、布施田さん

 シリコン製の人工ボディーや子ども用ウイッグ(かつら)など、病気やけがによって身体の一部を失った人らの「見た目」をケアする商品を開発販売する群馬県内外の女性起業家4人の合同展示会が22日、前橋市表町のギャラリーアートスープで始まった。4人は「見た目を気にせずに、自分らしい生活を応援したい」と話している。26日まで。

 合同で展示することにより、多くの人に商品を知ってもらおうと初めて開催。指や胸など体の一部を失った人のための人工ボディー「エピテーゼ」を販売するエピテみやび(甘楽町善慶寺)社長の田村雅美さんが呼び掛け、実現した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事