公文書保存に統一的な基準 県が管理条例制定へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 県が取り扱う公文書の保存を巡り、大沢正明知事は24日、公文書管理条例を制定する方針を明らかにした。これまで公文書は、知事部局や教育委員会などの機関ごとの規定に基づき保存してきた。歴史的に価値のある公文書を適切に保存、管理できるよう、条例に県としての統一的な基準を盛り込み、県民の共有財産として後世に引き継ぐ。

 同日の県議会一般質問で岸善一郎氏(自民)の質問に答えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事