《NEWSインサイド》新学習指導要領 質高い授業 試行錯誤
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新しい学習指導要領が小学校で全面実施される2020年度に向け、群馬県内で準備が加速している。充実が図られる英語教育や、コンピューターを使ったプログラミング教育が順次始まり、県教委などは支援に力を入れる。ただ、学校現場からは「十分に対応できるのか」と不安の声も上がる。指導要領が求める質の高い学びを実現するには、教員の不安解消と指導力向上が鍵になりそうだ。

 高崎市では市教委が独自の指導計画を定め、20年度を見据えた対応を進めている。同校の真下雅徳校長は「指導要領が目指すコミュニケーション力の育成につながっている」と授業に手応えを感じている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事