高崎で正面衝突事故 5人死傷 酒気帯びか 運転の女逮捕 県警
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 26日午前0時45分ごろ、高崎市京目町の市道で、乗用車同士が正面衝突した。2台には計5人が乗っており、うち1台の助手席にいた前橋市箱田町の会社員の女性(20)が死亡した。もう1台を運転していた藤岡市中栗須の会社員の男性(20)は腹を強く打つなど、男女4人が重軽傷を負った。

 群馬県警高崎署は同日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで、死亡した女性が乗っていた車を運転していた前橋市箱田町の塗装工の女(21)を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。呼気から基準値を超えるアルコールが検出されており、同署は道交法違反(酒気帯び運転)容疑でも捜査している。

 男性の車に乗っていた同市前箱田町、派遣社員の女性(20)は重傷。容疑者と、容疑者の車に同乗していた同市箱田町の女子高校生(17)はともに軽傷。同署によると、現場は片側2車線の直線道路。同署は容疑者の車が対向車線にはみ出したとみて調べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事