茂林寺沼湿原の生態は? 館林
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県館林市の茂林寺沼湿原を散策する自然学習会(市教育委員会主催)が26日、同所で開かれ、参加者25人が植物の観察などを通して生態系を学んだ=写真

 県自然環境調査研究会調査員の青木雅夫さんが講師を務めた。参加者は散策しながら湿原特有の植物などを観察した。青木さんは「湿原の地下水位が変わると植生も変わってくる。植物を注意深く見てほしい」と呼び掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事