「キツネに化かされたよう」 被害防いだ金融機関職員に感謝状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
詐欺被害を防いだ(左から)橋爪さん、岡部さん

 被害が後を絶たない特殊詐欺で、現金150万円をだまし取られる寸前に金融機関職員の機転で被害を免れた富岡市の女性(76)が30日、上毛新聞などの取材に応じた。違和感を抱きつつも犯人の意図するままに行動してしまったわが身を振り返り、「キツネに化かされたようだった」。誰もが被害に遭いかねないとして注意を呼び掛けた。

 女性は夫と息子の3人暮らし。1人で自宅にいた今月9日、息子を名乗る男から電話があった。「いつもより丁寧で優しい感じ」。何となくおかしいとは思ったが、「のどをけがした」「携帯と財布をなくした。仕事の支払いがある」という言葉を疑わなかった。

 現金を引き出そうと、しののめ信用金庫本店営業部を訪れた。窓口担当の橋爪芙実さん(35)から指摘を受けてようやく、だまされていることに気付いた。「どきっとした。まさかだった」。女性はその後、電話番号を変えたり、家族の間での合言葉を決めたりする自衛策を講じたという。

 富岡署などは30日、橋爪さんと、別の70代女性の詐欺被害を防止した七日市郵便局(同市)の岡部綾子さん(35)に感謝状を贈った。萩原義征署長は「金融機関は最後のとりで。引き続き対応をお願いしたい」と述べるとともに、被害防止のために用心するよう呼び掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事