工事現場を明るく 太田市の児童相談所建設現場に児童の絵
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県が太田市に建設を進めている東部児童相談所・一時保護所の工事現場を囲う壁に、地元木崎小(加藤知子校長)の児童の絵が掲示された=写真。恐竜や動物、家族などの絵が並び、地域の人たちが目を留めている。

 殺伐とした工事現場を明るく楽しい雰囲気にし、地域になじんだ施設になるようにとの願いを込め、工事を請け負った大沢建設、石川建設、イズミ電機、グンエイの4社が発案。趣旨に賛同した同校が協力した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事