2000万だまし取られる 高額被害後絶たず 前橋の84歳女性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4日午後7時55分ごろ、前橋市の女性(84)が前橋東署に「2000万円をだまし取られた」と通報した。同署は公務員の次男(55)らを装った詐欺事件とみて捜査している。被害金は自宅に保管する「たんす預金」だったとみられる。県内では3月に玉村町で3000万円がだまし取られる詐欺事件が発生しており、高額被害が後を絶たない。

 同署によると、同日午前10時~午後3時ごろ、次男を装う男から女性方に「7400万円の小切手が入ったかばんを忘れた。立て替えなければならない」「先輩は知人に4000万円用意してもらった。俺も用意しなければならない」「俺は行けないので同じ職場のサトウが取りに行く」とうその電話が複数回あった。

 女性はその後、自宅を訪れたサトウと名乗る男に現金2000万円を入れた紙袋を手渡し、だまし取られた。

 同日夜、女性が次男に電話し、被害に気付いた。女性は「詐欺の手口は知っていたが、犯人が次男をかたったので信じてしまった」と話しているという。

 女性方を訪れた男は30歳代後半で約175センチの痩せ形。長袖シャツ、紺色の長ズボン姿に紺色の帽子をかぶっていた。

 同署は、事前に資産状況などを探るアポイントメント電話(アポ電)がなかったかなどを調べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事