免許返納したのに…軽トラ運転し衝突 太田署が容疑の男逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 運転免許を返納したばかりなのに車を運転して事故を起こしたとして、群馬県警太田署は13日、自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)の疑いで、太田市飯田町の会社役員の男(80)を現行犯逮捕した。

◎「今日はいなかったから」
 逮捕容疑は、同日午前8時20分ごろ、同市飯塚町の市道で無免許で軽トラックを運転。駐車場に入ろうと左折した際、大泉町の高校1年の男子生徒(15)の自転車に衝突し、軽傷を負わせた疑い。

 同署によると、男は容疑を認めている。今年4月に免許を返納したばかり。運転した理由には「普段は親族に送迎してもらっているが、今日はいなかったから」などと説明しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事