公共掲示板が急減 情報伝達多様化し老朽化 太田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 地域の集会所の脇などで行政や地域行事の情報を張り出す公共の掲示板が、群馬県太田市で数を減らしつつある。住民が情報を得る手段が多様化し、老朽化により倒壊の恐れがあるため、撤去が相次いでいる。市は本年度末までに、活用を希望する行政区に178基を譲渡。譲り受ける地区では地域情報の共有に役立てようという動きもある。

 市は2013年時点で552基を保有、活用希望のないものは順次撤去してきた。18年度は66基、19年度は72基を市の負担で撤去。6年間で3分の1以下に減った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事