前橋で豚舎全焼 1000頭死ぬ 林牧場所有5棟のうち1棟
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
炎を上げる豚舎で消火活動に当たる消防隊員ら=16日午後11時25分ごろ
実況見分で出火原因などを調べる前橋東署員と消防隊員ら=17日午前11時半ごろ

 16日午後10時45分ごろ、前橋市馬場町の養豚場=林牧場(林篤志社長)所有=で、「豚舎から出火している」と近くを車で通行していた男性から119番通報があった。群馬県警前橋東署によると、木造トタンぶき平屋建て豚舎1棟約900平方メートルを全焼し、周辺の施設も一部を焼失した。けが人はいなかった。この豚舎で肥育していた食用豚約1000頭が焼け死んだとみられる。

 同養豚場では豚舎(縦約18メートル、横約50メートル)5棟で、計約5000頭の食用豚を肥育していた。全焼したのは敷地内で最も南側にある豚舎だった。

 林社長は、焼け死んだ豚の被害額が約4500万円に上ると推測。「残念の一言」と言葉少なだった。同署は17日、消防とともに現場で実況見分を実施。詳しい出火原因を調べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事