8高校 家畜審査技術競う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
真剣な表情で乳牛の特徴を確認する生徒

 農業を学ぶ群馬県内8高校でつくる県学校農業クラブ連盟は18日、前橋市の県畜産試験場で、牛の外見から経済価値を判定する家畜審査技術競技大会を開いた。

 「乳牛」と「和牛」の2部門あり、2、3年生の計115人が出場。乳牛の部は船戸瑠生さん(勢多農林高3年)、和牛の部は林美砂希さん(利根実業高3年)が最優秀賞に輝いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事