園内の安全を祈願 シーズン前にたんばらラベンダーパーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県沼田市玉原高原のたんばらラベンダーパークは24日、園内で安全祈願祭を開いた。29日からの営業を前に、運営する玉原東急リゾートの関係者や横山公一市長ら約40人が事故のないシーズンを願った=写真

 祝詞の奏上や参列者による玉串奉納などの神事を執り行った。同社の磯目伸二社長は「『高原の遊園地』として、今年も多くの仕掛けを考えた。昨年の11万人を超える12万人の来場を目標にしたい」と意気込みを語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事