道路沿い1キロにサルビア6000株
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 地域の景観美化に向け、桐生市新里地区の住民約270人が22日、同地区の県立ぐんま昆虫の森と新里総合グラウンドの間の道路沿い1キロに6千株のサルビアを植えた=写真

 親子連れや高齢者らが移植ごてを手に、道路北側に植えた。2、3週間で開花し、秋まで楽しめるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事